交通事故に遭ったら

交通事故被害に遭ってしまったら、まずはすぐに病院に行きましょう。事故直後は体に何の異変を感じなくても、その後時間が経ってから症状が現れてくるものもあります。加害者側への賠償金を請求する際にも医師の診断書が必要になることから、どんなに軽症に見えても診察を受けることが大切です。

また、治療を続けたにも関わらず、身体的もしくは精神的に事故の影響による後遺症が出る場合があります。後遺症はその後完治することがありません。こうした場合には、後遺障害等級認定を受けることで後遺障害保険金を受け取ることができるようになります。

交通事故による後遺障害等級認定を受けるまでには病院に通い、治療を続けてもらう必要があります。途中で治療を放棄してしまうと、後から後遺障害等級認定を申請しようとしても受け付けてもらいにくくなってしまうため、時間も手間もかかりますが「症状固定」を言い渡されるまでは通い続けなければいけません。

「症状固定」とは、医師によってこれ以上治療を続けても完治の見込みがないと判断される状態です。症状固定を言い渡されると、医師によって後遺障害診断書を作成してもらうことができます。その後は加害者側の保険会社が手続きを進める事前認定と被害者側によって進められる被害者請求の2つの方法から後遺障害等級認定を申請することができます。