弁護士に依頼する利点

交通事故被害に遭った際、弁護士に依頼する最も大きなメリットの1つが、示談金の大幅増額の可能性がある点です。加害者側の保険会社から最初に提示される示談金の金額は低めに見積もられているとも言われています。実際に法律で定められている最高金額で提案されることはまずないそうです。これは、普通に考えてみても保険会社は示談金を支払う側のため、できるだけ示談金の金額を抑えたいと考えるのは当然と言えるでしょう。

交通事故の賠償額には3つの算定基準があります。1つ目の「自賠責保険基準」は、最低限の保障を目的としたもので、3つの中では最も低い金額です。2つ目の「任意保険基準」は、保険会社が自社で定めている支払基準のことで、自賠責保険基準よりは高めに設定されているものが一般的です。3つ目の「裁判所基準」は他の2つと比べて一般的には賠償額の設定が格段に高いのが特長です。

通常であれば加害者側の保険会社の基準で賠償額が設定されますが、弁護士に示談交渉を依頼することで、保険会社側の提示金額を検討し、おかしな箇所があれば指摘してもらえるだけでなく、裁判所基準での賠償額を前提とした増額交渉も行ってもらえる可能性があります。

その他にも後遺障害等級認定の手続きを被害者請求で行う場合の資料集めや、被害者に適した等級認定ができるよう検討してもらうこともできます。