弁護士の仕事とは

法律の専門家として多くの人々の強い味方となってくれる弁護士。その仕事をイメージする時、テレビドラマの中でよくあるように、裁判所で様々な証拠を提示して理路整然と検事や裁判官に向かって被告人の無実を訴える姿を浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際の弁護士の仕事は、ドラマの中で展開されるような刑事事件を扱ったものよりもむしろ、人と人、もしくは法人との間で起きたトラブルを解決する民事事件を扱うことのほうが圧倒的に多いのです。

民事事件の中には離婚調停や相続を争うものなど個人間での揉め事の他、残業代の未払いなどの企業を相手にしたケースがあります。実は弁護士によってこうしたトラブルの得意分野があり、弁護士を探している際には自分が抱えているトラブルに対して実績のある弁護士やその分野を得意としている弁護士を探すことも重要になってきます

不幸にも交通事故に遭ってしまい、後遺障害等級認定を求めようとした時にも弁護士の力を借りることで有利な結果を得ることができる場合もあります。当サイトでは、交通事故被害による後遺障害等級認定について、弁護士に依頼したらどんなメリットがあるのか、弁護士の役割やどのような手順で依頼をすべきかなどについて紹介しています。交通事故後、どのように手続きしたらいいかわからない、この等級で妥当なのか納得がいかないといった悩みを抱えている人は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。