作者別: admin

いつ依頼すべきか

交通事故後、弁護士にいつ頃相談しに行けばいいのか悩んでしまうという人もいるでしょう。中には、治療中は相談を受けない、後遺障害等級認定を受けてからにしてほしと言われるケースもあるようですが、できるだけ早めに相談を行うことがベストです。

保険会社の中には治療の途中であっても治療費や通院費の支払を打ち切ってしまうところもあります。また、タイミングを逃してしまうと後遺障害等級認定のために必要な資料を集められなくなることもあります。

被害者請求の場合、後遺障害等級認定のための資料を自分で集めなければいけません。専門の書類のため、どのような書類が必要になるのか判断するのも大変です。こうしたときに弁護士に任せることができれば認定に必要な書類が不足して希望通りの等級にならなかったということも防ぐことが可能です

どのタイミングで相談するかはケースバイケースになることも多いですが、まずは交通事故被害による賠償金請求や後遺障害等級認定などについて不安に思うことがあれば、必要な知識を豊富に持っている弁護士をインターネットなどから探してみましょう。信頼できる弁護士を見つけるため、じっくりと相談に乗ってくれる人を選ぶことが大切です。

≪参照HP≫アディーレ:交通事故後遺障害等級認定

弁護士に依頼する利点

交通事故被害に遭った際、弁護士に依頼する最も大きなメリットの1つが、示談金の大幅増額の可能性がある点です。加害者側の保険会社から最初に提示される示談金の金額は低めに見積もられているとも言われています。実際に法律で定められている最高金額で提案されることはまずないそうです。これは、普通に考えてみても保険会社は示談金を支払う側のため、できるだけ示談金の金額を抑えたいと考えるのは当然と言えるでしょう。

交通事故の賠償額には3つの算定基準があります。1つ目の「自賠責保険基準」は、最低限の保障を目的としたもので、3つの中では最も低い金額です。2つ目の「任意保険基準」は、保険会社が自社で定めている支払基準のことで、自賠責保険基準よりは高めに設定されているものが一般的です。3つ目の「裁判所基準」は他の2つと比べて一般的には賠償額の設定が格段に高いのが特長です。

通常であれば加害者側の保険会社の基準で賠償額が設定されますが、弁護士に示談交渉を依頼することで、保険会社側の提示金額を検討し、おかしな箇所があれば指摘してもらえるだけでなく、裁判所基準での賠償額を前提とした増額交渉も行ってもらえる可能性があります。

その他にも後遺障害等級認定の手続きを被害者請求で行う場合の資料集めや、被害者に適した等級認定ができるよう検討してもらうこともできます。

交通事故に遭ったら

交通事故被害に遭ってしまったら、まずはすぐに病院に行きましょう。事故直後は体に何の異変を感じなくても、その後時間が経ってから症状が現れてくるものもあります。加害者側への賠償金を請求する際にも医師の診断書が必要になることから、どんなに軽症に見えても診察を受けることが大切です。

また、治療を続けたにも関わらず、身体的もしくは精神的に事故の影響による後遺症が出る場合があります。後遺症はその後完治することがありません。こうした場合には、後遺障害等級認定を受けることで後遺障害保険金を受け取ることができるようになります。

交通事故による後遺障害等級認定を受けるまでには病院に通い、治療を続けてもらう必要があります。途中で治療を放棄してしまうと、後から後遺障害等級認定を申請しようとしても受け付けてもらいにくくなってしまうため、時間も手間もかかりますが「症状固定」を言い渡されるまでは通い続けなければいけません。

「症状固定」とは、医師によってこれ以上治療を続けても完治の見込みがないと判断される状態です。症状固定を言い渡されると、医師によって後遺障害診断書を作成してもらうことができます。その後は加害者側の保険会社が手続きを進める事前認定と被害者側によって進められる被害者請求の2つの方法から後遺障害等級認定を申請することができます。

弁護士の仕事とは

法律の専門家として多くの人々の強い味方となってくれる弁護士。その仕事をイメージする時、テレビドラマの中でよくあるように、裁判所で様々な証拠を提示して理路整然と検事や裁判官に向かって被告人の無実を訴える姿を浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際の弁護士の仕事は、ドラマの中で展開されるような刑事事件を扱ったものよりもむしろ、人と人、もしくは法人との間で起きたトラブルを解決する民事事件を扱うことのほうが圧倒的に多いのです。

民事事件の中には離婚調停や相続を争うものなど個人間での揉め事の他、残業代の未払いなどの企業を相手にしたケースがあります。実は弁護士によってこうしたトラブルの得意分野があり、弁護士を探している際には自分が抱えているトラブルに対して実績のある弁護士やその分野を得意としている弁護士を探すことも重要になってきます

不幸にも交通事故に遭ってしまい、後遺障害等級認定を求めようとした時にも弁護士の力を借りることで有利な結果を得ることができる場合もあります。当サイトでは、交通事故被害による後遺障害等級認定について、弁護士に依頼したらどんなメリットがあるのか、弁護士の役割やどのような手順で依頼をすべきかなどについて紹介しています。交通事故後、どのように手続きしたらいいかわからない、この等級で妥当なのか納得がいかないといった悩みを抱えている人は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。