いつ依頼すべきか

交通事故後、弁護士にいつ頃相談しに行けばいいのか悩んでしまうという人もいるでしょう。中には、治療中は相談を受けない、後遺障害等級認定を受けてからにしてほしと言われるケースもあるようですが、できるだけ早めに相談を行うことがベストです。

保険会社の中には治療の途中であっても治療費や通院費の支払を打ち切ってしまうところもあります。また、タイミングを逃してしまうと後遺障害等級認定のために必要な資料を集められなくなることもあります。

被害者請求の場合、後遺障害等級認定のための資料を自分で集めなければいけません。専門の書類のため、どのような書類が必要になるのか判断するのも大変です。こうしたときに弁護士に任せることができれば認定に必要な書類が不足して希望通りの等級にならなかったということも防ぐことが可能です

どのタイミングで相談するかはケースバイケースになることも多いですが、まずは交通事故被害による賠償金請求や後遺障害等級認定などについて不安に思うことがあれば、必要な知識を豊富に持っている弁護士をインターネットなどから探してみましょう。信頼できる弁護士を見つけるため、じっくりと相談に乗ってくれる人を選ぶことが大切です。

≪参照HP≫アディーレ:交通事故後遺障害等級認定